看護師としてキャリアアップを図りたいなら

現在は、日本の医療もかなり高度化してきているのです。それに合わせてより一層専門的な知識を持ち、色々な要望の答えられるようなキャリアアップした看護師が必要になってきています。それでは、看護師のキャリアアップにつきまして、ご説明を致しましょう。

看護師のキャリアは、病院に勤務する他の選択肢はないといってよい状態でした。日常的に臨床の現場では看護師が不足していたのです。ですから、看護教育の分野でも即戦力となる看護師を育成することに集中されていたのです。看護師が色々なキャリアを希望できるような臨床現場の整備は整っていなかったからです。

だから看護学校などを卒業したら、当然病院に就職するのが当然。職場が変わったとしても、ずっと病院の看護師として勤めるのが普通だったのです。

けれども、近頃は看護師のキャリア選択ができるような風潮になってきています。たとえ病院看護師でも、専門性を追求して専門看護師とか認定看護師になることも可能なのです。ケアマネージャーの資格を取ったり、場合によっては訪問看護ステーションを経営して介護の世界に挑戦する看護師も珍しくはなくなってきました。

そして、医療コンサルティング企業に就職したりする病院ではない分野での活躍も見られます。

看護師のキャリアアップが誕生してきた原因は、社会全体が変わって来たことですね。保健分野・医療分野・福祉分野のニーズは少子高齢化につれてどんどん増えてきているのです。

人々は、医療分野での品質の向上を希望するようになってきているのです。従来よりも進歩した安全な医療行為を、気軽に受けられるニーズの拡大です。

そういうニーズがある反面、医療の財政危機が叫ばれています。1990年代以降、医療費については抑制傾向にありました。財源が不足しているにも拘わらず、高品質の医療を要求されるので、病院はとても厳しい立場になったのです。

病院の中では一番人数が多い看護師の人達の存在が、より一層重要視されてきました。

診療報酬とか法律改正を見ても、看護師に対しての評価が高くなったのがわかります。2006年に診療報酬が改定されました。
看護師の人員配置が7対1に設定されました。大きな病院は手厚い看護体制の整備に奔走したのです。

そして、訪問看護師が活躍するようになったのは、訪問診療が診療報酬の対象として整備されたからです。

「保健師助産師看護師法」とか「看護師等の人材確保の促進に関する法律」が改正されたのは2009年のことでした。努力目標として看護士が卒業した後、臨床研修も要求されています。従来は、いわゆるOJTだけでした。

国は個人のスキルアップを重視している?

要するに毎日の臨床で個人個人が技術をマスターしていたのです。ですが、現在は国とか病院が積極的に看護士のスキルアップを応援する風潮になってきているのです。

以上のように、看護士のキャリアに選択肢が増加しました。それぞれの看護師の皆様が「どういったキャリアを目指すのか?」と意識することは、重要度が増してきます。

あなたが意欲的に仕事をするのはどうするのが良いのでしょうか?転職でしょうか?起業でしょうか?

それとも認定看護師や専門看護師の専門資格を取得するのでしょうか?多彩な選択肢から、あなたが看護師としてより一層充実して活躍できるキャリアを選択できる時代が到来しているのです。

転職を通じて、キャリアアップを図りたい方

転職を通じてキャリアアップをしたい方は、以下の看護師専門の情報サイトを参考にするとよいでしょう。
看護師求人サイトを上手に使えない看護師の特徴

民間の転職支援サービスを使うことに抵抗のある方は、公的機関のナースバンクを活用してみてもよいでしょう。以下は、沖縄の看護師協会・ナースバンクです。
沖縄県看護協会